ガレージを作る場合

注文住宅を建てる場合であれば、問題となるのがガレージでしょう。
車の防犯や雨風による汚れを防ぐことができるため、こうしたガレージは必須のものとなります。

しかし、家の敷地が十分に広いものでなければ、こうしたガレージを作ることは難しいものです。
ガレージや駐車場を作ってしまい、肝心の家が狭く過ごしづらいものとなっては、家族からの大きな反発に合うことでしょう。

そこで利用できるのが、ビルトインガレージです。
ガレージを家の内部に作ることで、狭い土地でも車庫を持つことが出来ます。
駐車場の為に土地を削るのではないため、ガレージを地下に作ったり、2階建てにしたりすれば、きちんとした広さを確保することができるのです。

適した家を建てるなら

注文住宅を請け負う業者に連絡することで、ビルトインガレージのような家を建てることができます。
スタッフに相談する他に、展示場で家の具体的な間取りを調べたり、カタログから他の施工例を見ることができます。

詳細を確認する

室内にあるということ

家屋の内部にあるビルトインガレージでは、乗り込むのにも時間がかからず、手軽に乗車できます。
荷物を家の内部に運び入れるのにも便利であり、外気にさらされることも無いため、便利なのです。

詳細を確認する

車庫以外の活用法

ビルトインガレージでは、車がない状態でも十分に使用することが出来ます。
広いスペースを利用してのパーティを開いたり、子どもの遊び場として提供することができるのです。

詳細を確認する

飾る楽しさ

ビルトインガレージでは、ガレージの一部をガラス張りにすることで、室内にいながらでも愛車を眺められます。
室内のインテリアとして愛車を利用できますので、愛車に特別なこだわりをもつ人にはうってつけの物件となるでしょう。

詳細を確認する

ガレージの形態

ビルトインガレージといっても、必ず家の一階部分に作る必要はありません。
地下に作ることで、車庫として広いスペースを得ることができますし、他の家にはない特色を得ることもできるのです。

詳細を確認する

見た目の良い構造

ビルトインガレージの形態では、吹き抜けの構造をしたガレージが人気です。
シャッターを設置すればガレージとしての機能は損なわず、開放感のある美しい見た目となるため、多くの人に選ばれているのです。

詳細を確認する

備え付けの倉庫

ビルトインガレージを設置する場合、倉庫としても使用できる棚やスペースを作っておくものです。
レジャー用品などを保管しておけば、すぐに車に積み込めますし、棚などに上手く並べれば、インテリアとしても十分に活用できるのです。

詳細を確認する